プライバシーポリシーについて

 東京都製本工業組合では、組合員個人を識別しうる情報(以下「個人情報」といいます。)を適切に保護及び厳重な管理を社会的責務と考え、プライバシーの尊重と、個人情報の保護のために細心の注意を払っています。この文書により、 東京都製本工業組合のプライバシーポリシーについての説明とします。なお東京都製本工業組合ホームページを利用いただいた場合、この「プライバシー規約」に同意していただいたものとみなされます。

東京都製本工業組合のプライバシーに関する考え方

1.東京都製本工業組合は、組合員の個人情報が非常に大切なものであると認識し、また東京都製本工業組合を信頼いただくためにもきわめて慎重に取り扱い常に注意を払っております。
2.東京都製本工業組合は組合員に対し啓蒙活動を実施するほか、常に最新の技術を把握し、個人情報の適切な管理に努めます。
3.東京都製本工業組合は、組合員への連絡責任を果たすため、組合員へ有用な情報を提供するため、その他の正当な目的のためだけに個人情報を利用します。
4.東京都製本工業組合は、組合員の個人情報の保護に関係する日本の法令その他の規範を遵守し、本ポリシーの内容を継続的に見直し 、その改善に努めます。

収集する個人情報

東京都製本工業組合が収集する個人の情報は、組合員への有用な情報の提供や、他の正当な目的のために行います。収集する情報は次の通りです。
1.組合員から提供する情報
 (1)東京都製本工業組合のwebサイトにてご入力の情報
 (2)東京都製本工業組合宛てにお送り頂いたEメールの情報
 (3)その他の方法で東京都製本工業組合に提供の情報
2.自動的に受け取る情報を東京都製本工業組合では、組合員が利用するたびに、トランザクションの記録とサービスの向上を目的として情報を受け取り、保管します。
 (1)組合員のコンピューターおよびネットワークの情報
 (2)東京都製本工業組合のwebサイトへのアクセス状況
 (3)cookieの情報
 (4)組合員のEメールに関する情報(メールアドレスや利用サーバなど)
3.その他の情報
 東京都製本工業組合が提供するサービス向上のため、組合員に関する情報を他から入手し、アカウント情報に追加する場合があります。

秘密保持および個人情報の保護について

 収集した個人の情報は、東京都製本工業組合にとって重要なものであり、下記の場合を除きそれらの情報を第三者に開示、販売または漏洩はしません。
 1.個人情報を適切に管理し契約等により義務づけた印刷業務委託先に対し、名簿発行のために必要な個人情報を提供する場合
 2.組合員のサービス向上等の目的で個人情報を集計および分析等する場合
 3.個人情報の集計および分析等により得られたものを、個人を識別または特定できない態様で上部団体等第三者に開示または提供する場合
 4.その他任意に組合員等の同意を得たうえで個人情報を開示または利用する場合
 5.裁判所の発する令状その他裁判所の判断に従い開示する場合

個人情報や設定の変更

 東京都製本工業組合のサービスを受けるための下記情報、設定については、組合員個人の責任において、いつでも変更ができます。
 1.東京都製本工業組合のwebサイトより東京都製本工業組合に提供された個人情報
 2.東京都製本工業組合より受け取るEメール(問合せ/確認メール)以上
この規約は2004年10月1日より効力が発生します。

2004年10月1日 制定
東京都製本工業組合
理事長  星野 一男