製品詳細

雑誌・商印/平綴

無線綴 (むせんとじ)
針金や糸等の綴じ材料を用いずに、接着剤により折丁・ペラ帳等の背をすべて一体に接合し、表紙も中本の背に塗布された接着剤の効果で中本と接合される製本方式。ミーリングにより背が3〜4mm切り落とされ、ガリが入りホットメルトによる中本の接合、表紙が貼付される。
アジロとじは、無線とじの一種。折丁製作の時点であらかじめ折り目にアジロ穴が明けられていて、ホットメルトが中本の背に塗布されるとアジロ穴にゾル状のホットメルトが入り込み、折丁同志の接合が一段としっかりする。「アジロ無線」とも呼ぶ。無線とじと同じバインダーでアジロ無線をつくることができる。背加工のうち、背を切り落とすミリング工程が不要等、機械調整に若干の違いがある。